徹底した感染対策で、安心の治療を患者様へ

大学病院で手術を行う際には完全に滅菌された器具を使用して処置を行いますが、
歯科の場合は残念ながらそこまで出来ていないのが現状です。

インプラント治療は外科処置を伴うので、きちんと滅菌された器具で処置を行う必要があります。
当院では以下の方法で歯科医院最高レベルの滅菌を行っています。

洗浄:Miele ジェットウォッシャー滅菌:オートクレーブ Lisa

目 的

  1. 前の患者さんのタンパク質や微生物などの汚染物を次の患者さんに持ち込まない
  2. 被処理物の適応および特性を理解し、最も信頼性が高い高圧蒸気滅菌法にて、可能な限りゼロに近い10-6以下(無菌性保証レベル sterility assurance level)という菌数まで低減させる

【STEP1】 「Miele ジェットウォッシャー」による確実な器具の洗浄、消毒

Miele ジェットウォッシャー

Miele ジェットウォッシャー

手洗いでは落とすことの不可能な汚れまで洗浄可能で、洗浄だけでなく消毒レベルまで器具を洗うことが出来ます。

 

ミーレジェットウォッシャー

手洗い

  • 均一な洗浄効果
  • 器具はセットのみ
  • ハンドピース洗浄可
  • 肝炎患者同時洗浄
  • 指刺しの危険性低い
  • 手洗い加減にムラ
  • 洗浄過程が煩雑
  • ハンドピース洗浄不可
  • 肝炎患者別洗い
  • 指刺しの危険性高い

※器具の洗浄は手洗いで行っている医院がほとんどです。

 

Miele洗浄メカニズム


クリックでグラフが拡大します。

自動化したプログラム(Vario TD)では血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ない、その後、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄、すすぎを行いすべての汚染を効果的に落とします。

洗浄の最終行程では93℃まで上げて5分間係留することで除菌を行い、その後、温風乾燥を行います。乾燥には、HEPAフィルターを通した清潔な空気を用いるので、器具を汚染することなく乾燥させることが出来ます。

【STEP2】 「ClassB オートクレーブ Lisa」による徹底した器具滅菌

ClassB オートクレーブ Lisa

ClassB オートクレーブ Lisa

あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができます。

Mieleで消毒レベルまで洗浄した後、高性能な高圧蒸気滅菌器にて滅菌を行います。

クラスB」とは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」機器の事をさします。

 


クリックでグラフが拡大します。

完全に滅菌するにはClassBの滅菌器でないと出来ないが、ClassBの滅菌器を導入している歯科医院は全国でも少ないのが現状です。
ClassBの滅菌器を使用することにより高水準の滅菌が可能となります。

 

 

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)の滅菌レベル

ClassB (Big Autocrave Cycle)医科の水準の滅菌(固形・多孔性・中空・二重包装)

ClassS (Specific Cycle)・・・メーカーによって特定された製品の滅菌のみ

ClassN (Naked Cycle)・・・裸の固形物のみ、滅菌後すぐに使用(輸送・保管不可)

※多くの歯科医院が導入している滅菌器はClassSまたはN

滅菌物

ClassB

ClassS

ClassS

ClassS

ClassN

固体(プローブ・ピンセット・バー類)

小さい繊維製品(ガーゼ・綿など)

×

×

大きい繊維製品(覆布等)

×

×

×

×

中空製品A(ハンドピース・鉗子・ハサミ等)

×

×

×

中空製品B(バキュームチップ等)

×

×

包装物(滅菌パック)

×