スタッフのつぶやきしらす新聞2!







インプラント治療には器具の滅菌だけではなくクリーンな環境が必要

 

インプラント治療などの外科処置を行う際には、器具の滅菌だけではなくクリーンな環境で処置を行う必要があります。

医科で手術を行う場合、感染のリスクを可能な限り減らすために必ずクリーンルームなどの清潔な手術室で処置を行います。

それは、歯科でも同じなのですが、多くの歯科医院では、通常の歯科治療を行っている環境でインプラント治療を行っています。そのような環境では、粉塵が舞っていたり診察台を綺麗に保つのは困難で、感染を起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。    

当院では、そういった感染リスクを最小限にするために、様々な感染対策を施した専用手術室を設けているので、患者さんに安心してインプラント治療を受けて頂けます。

クリーンエリアプラス

クリーンエリアプラス

一般的には空気清浄器を設置するだけでは、術者の移動や患者さんの出入り等による発塵で、診療室をクリーンな環境で保つには、非常に困難です。

そこで、「クリーンエリアプラス」を使用することにより”清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室をスイッチ一つで瞬間的に作り出すことが可能となります。

スイッチを入れた瞬間にクリーンエリア直下の微細浮遊粉塵を排除し、0.3ミクロン以上の粉塵を99.9997%浄化した空気が真っ直ぐの清流となり直下に流れてくる事により、その空間をクリーンにすることが出来ます。
また、毎分ドラム缶約70本分の浄化した空気を循環させることにより、約20坪の診療室ならば10分間で室内の空気を入れ替えることが可能です。

※清浄度クラス10,000:

アメリカ航空宇宙局NASA規格(NHB5340.2)1キューブ(約30cm)の立方体の中に0.5ミクロン以上の浮遊粉塵が10,000個以下の場合の清浄度。

MAQUET(マッケ)のALPHASTAR TOP

MAQUET(マッケ)のALPHASTAR TOP

医科用手術台の中でも最上級ブランドであるMAQUETの手術台。処置を受ける際、患者さんの体への負担を出来る限り軽減するために導入しています。

この台は自由に角度調整が可能なので適切な位置決めができ、座面は低反発マットレスなので長時間の処置でも体へ負担をかけることなく処置を受けて頂けます。

無影灯

無影灯

外科処置を行う場合、通常歯科治療を行う時に使用しているような一灯だけのライトだと影が出来てしまい、処置をしている部位が見えない事があります。処置部位が見えないと事故に直結します。

無影灯だと多方向から照射しているので影が出来にくく、処置部位が見えないという事がないので安全に処置をすることが出来ます。

医療用手洗い水装置 ステリキープⅡ

医療用手洗い水装置 ステリキープⅡ

手術者、介助者等が手術前の手洗い用として使用する無菌水を製造する装置です。

この機器を導入してきちんとした手洗いを行っている歯科医院は全国でもほとんどありません。

【手術的手洗いの意義】

人間の正常皮膚には細菌が存在し、手の細菌総数は3.9×104~4.6×106個/cm2といわれており、院内感染を引き起こし得る細菌が付着しています。指手や爪の下には高濃度の細菌が潜んでいますが、このような細菌はきちんとした手洗いを行う事で除去可能です。医療施設では耐性菌も含めた病原体がいたる所に常在しますので、これを蔓延化させないことは医療者の重要な役目です。

ツインモニター

ツインモニター

処置をする際には、レントゲンなどの様々な情報を確認しながら処置を進めていきます。

モニターが二つあることにより、必要な情報を瞬時に切り替えてデータを確認することが可能で、確実な処置を進める事ができます。

生体監視モニター

生体監視モニター

生体監視モニターを用い、血圧、脈拍、経皮的酸素飽和度、心電図、脈波等を計測しています。

常時バイタルサインを監視することで、患者の全身管理をすばやく行うことが可能となります。

酸素

酸素

インプラント治療などの外科処置を行う際、どんな偶発症が起きるか分かりません。

その際でも、すぐに対応できるように酸素吸入装置を設置しています。

AED

AED

AEDは突然に意識を失って倒れた時や、心筋梗塞などで心室細動(心臓のけいれん)になった場合に使用する医療器具です。

早期に使用することにより、救命率を向上させることができます。

画像記録装置 (ハンディーカム、DATA Gen PRO)

ハンディーカム

インプラント手術や治療などの映像を保存しています。

医療事故や医療ミスのない状況を作り出すためには写真や動画の記録保存が必須となっています。
医療行為の透明化と公開のため手術記録をきちんと残すことが社会的な要請となっており、厚生労働省も推奨しています。

DATA Gen PRO

このシステムにより患者様が受けたインプラント手術の様子を後から確認することができ、映像は待合室のモニターへ映すことが出来るので、御家族の方が手術中の様子をうかがうことも可能です。